Windows Live メール(Windows7のメールクライアント)の設定方法

Windows7 については、パソコンメーカーが事前に用意しない場合、メールソフトが標準で入っていません。その場合は Windows Live メールをインストールする必要があります。(Windows Live メールはマイクロソフトよりダウンロードできます。)

1. Windows Live メールの起動

[スタート]ボタン→[Windows Live メール]の順にクリックします。
もしWindows Live メールが表示されない場合は、[スタート]ボタン→[全てのプログラム][Windows Live][Windows Live メール]の順にクリックします。
もし無ければ Windows Live メールがインストールされていませんので、Windows Live メールのダウンロード・インストールを行ってください
Windowsメールの起動1 Windowsメールの起動2

2. アカウント設定画面表示

Windows Live メールの初回起動時には設定画面が出てきますので、その場合は次の「3.アカウントの作成」をご覧ください。
Windows Live メールの起動後、[ツール(T)]メニュー→[アカウント(C)]をクリックします。
メニュー

メニューが表示されない場合は、画面右上の「?」の左側のアイコンをクリックし、「メニューバーの表示(M)」をクリックします。
メニュー表示

「アカウント」画面で追加(A)ボタンをクリックします。
アカウント追加

「アカウントの追加」画面で「電子メールアカウント」を選択し、次へ(N)ボタンをクリックします。
アカウント追加

3. アカウントの作成 1

電子メールアドレス(E) に設定するメールアドレス
パスワード(P) にメールアドレスのパスワード
[表示名(D)]に利用者の氏名、もしくはニックネーム等を入力し[次へ(N)]ボタンを押します。
アカウント作成

4. アカウントの作成 2

[受信メールサーバーの種類(M)][POP3]になっていることを確認します。
[受信サーバー(I)]欄に次のように入力します。
mail.shimabara.jp
[ログインID]欄にメールアドレスの @ の前の部分が入っていることを確認します。
[送信サーバ(O)]欄に次のように入力します。
mail.shimabara.jp
[送信サーバは認証が必要(V)]にチェックが入っていないのを確認して[次へ(N)]ボタンをクリックします。
アカウント作成

5. アカウントの作成 3

[完了(F)]ボタンをクリックします。
アカウント作成

6. サーバのメール保存期間設定

[ツール(T)]メニュー→[アカウント(C)]をクリックします。
メニュー

メニューが表示されない場合は、画面右上の「?」の左側のアイコンをクリックし、「メニューバーの表示(M)」をクリックします。
メニュー表示

メール欄の「(既存のアカウント)」をクリックし、「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。
メニュー表示

詳細設定」タブをクリックし、「サーバにメッセージのコピーを置く(L)」チェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。
メニュー表示
もし複数のパソコンで同じメール設定をする場合は「サーバにメッセージのコピーを置く(L)」チェックを入れ、「サーバから削除する(R)」チェックを入れ、サーバに残す日数を適宜調整し、「[ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除(M)」チェックを外してください。

閉じる」ボタンをクリックします。
以上で設定は完了です。
オンラインマニュアルトップへ