FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2017年(平成29年)
725(火曜日)
25日(火)の天気は曇り、最高気温は33℃ でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2017年07月25日 00時00分更新
きょう25日から東京都で開催される「第64回NHK杯全国高校放送コンテスト」(主催=全国放送教育研究連盟、同コンテスト実行委)に、島原高校放送部から大渡碧さん(普通科3年―三会中卒)、前田理子さん(同―島原三中卒)、原口美紀さん(同―有明中卒)、江越仁弥君(同―三井楽中卒)の4人が出場する。
2017年07月25日 00時00分更新
島原市の夏の風物詩「土曜夜市」が22日夜、サンシャイン中央街・一番街アーケードで始まり、家族連れなど多くの人出で賑わった。
2017年07月23日 00時00分更新
若い世代の感性でジオパークの魅力を発信してもらおうと、高校生がジオに関するデザインを施したポロシャツのコンテストを、島原半島ジオパーク協議会が21日から、島原市で始めた。地元3市の4高校から22点の応募があり、8月4日まで来場者に投票してもらい、最優秀、優秀の2作品を選ぶ。
2017年07月23日 00時00分更新
スペイン出身の画家、パブロ・ピカソ(1881―1973年)が無差別空爆の悲劇を描いた「ゲルニカ」と同じサイズ(横7・8メートル、縦3・5メートル)の作品を描く国際的なプロジェクト「キッズゲルニカ」の取り組みで、島原市内の子どもらが描いてきた絵が22日完成した。他市の子どもらが制作した作品9点とともに、8月6〜20日、長崎市の長崎原爆落下中心地公園内に展示される。
2017年07月23日 00時00分更新
28日から広島県山県郡安芸太田町の「つつがライフル射撃場」で開幕する「第55回全国高等学校ライフル射撃競技選手権大会」(主催=公益社団法人日本ライフル射撃協会、同大会安芸太田町実行委)の男子ビームライフル立射(60発)に、島原工業高校(辻法行校長)射撃部の山口拓郎選手(建築科3年―島原一中卒)、馬場祐輔選手(電気科3年―吾妻中卒)、町田奏良選手(機械科3年―千々石中卒)の3人が長崎県代表として出場する。  
2017年07月22日 00時00分更新
外国を訪れてグローバルな人材に育ってもらおうと、「島原市中学生海外訪問交流事業」の出発式が21日行われ、市内5校の3年生男女15人の代表生徒が「ジオパークを学び、現地の学生と交流し、しっかりといかしていく」と決意をあらたにした。25〜29日の4泊5日、香港を訪れ、現地で多くのことを学習する。
2017年07月22日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火災害で形成された溶岩ドーム(平成新山)の崩壊に備え、島原市安中地区町内会連絡協議会は20日夜、「溶岩ドーム崩壊に対する地域防災力の向上に向けた検討会」を開催。国交省雲仙復興事務所の協力のもと、地域独自の避難計画づくりに着手した。
2017年07月22日 00時00分更新
平成29年度全国高等学校総合体育大会「はばたけ世界へ南東北総体2017」(主催=公益財団法人全国高等学校体育連盟など)がきょう22日から、山形、宮城、福島の南東北3県(ヨット競技のみ和歌山県)で開幕する。8月20日まで。このうち、島原高校(渡邉孝経校長)からは、ソフトテニス部の小林良太朗選手(3年)と山外輝選手(2年)、陸上部の池田成諒選手(1年)、剣道部(後日掲載)、レススリング部(同)が全国の舞台に立つ。
2017年07月21日 00時00分更新
県内の小中高校で20日、1学期の終業式が一斉に行われ、児童生徒たちはきょう21日から待ちに待った夏休みに入った。
2017年07月21日 00時00分更新
24日から始まる夏の全国大会に出場する島原高校運動部と文化部の壮行会が20日午後、同校体育館で開かれ、出場選手32人が全校生徒を前に大舞台での一層の活躍を誓った。
2017年07月21日 00時00分更新
島原、雲仙両市で介護事業所を展開する「有限会社セルフサポート有明」(松本幸雄代表取締役)=島原市有明町大三東=が運営する暖グループ主催の社内大学「Dan College」が19日、有明文化会館で開講した。
2017年07月20日 00時00分更新
島原市で10年ほど合宿を重ねてきた十八銀行女子陸上部の高木孝次監督(55)が19日、講演を行い、「合宿誘致は官民一体で、まちぐるみで取り組むべき」などとアドバイス。市内の行政や観光、旅館関係者ら約25人が聞き入った。
2017年07月19日 00時00分更新
スペイン出身の画家、パブロ・ピカソ(1881―1973年)が無差別空爆の悲劇を描いた「ゲルニカ」と同じサイズ(横7・8メートル、縦3・5メートル)の作品を描く国際的なプロジェクト「キッズゲルニカ」の取り組みが15日、島原市で始まった。市内の小学生らが絵の構想を練り、全4回の制作を経て22日に完成させる。
2017年07月16日 00時00分更新
晴天に恵まれた15日、南島原市の海水浴場3か所の合同海開き式が加津佐町の前浜海水浴場で行われ、さっそく近くの園児ら約40人が泳いだりして、ひと足早く夏の醍醐味を味わった。
2017年07月16日 00時00分更新
九州北部豪雨の被災地を支援しようと、島原中央高校(森崎和樹校長)の生徒が13、14の両日夕方、島原市前浜町のトライアル島原店で募金活動を行った。
next »