FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2016年(平成28年)
930(金曜日)
30日(金)の天気は曇り、最高気温は30℃ でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2016年09月30日 00時00分更新
島原市内の観光関係4団体を一元化して10月1日、「島原観光ビューロー」が発足する。同市の観光・イベント事業等を一手に引き受け推進する新会社の初代代表取締役には古川隆三郎市長が決まり、3日からは株式の募集も開始し、増資を図る。戦略的な観光を推進するため島原城振興協会、島原温泉観光協会、島原温泉旅館組合、島原市土産品協会の4団体を発展的に解散し、新組織を立ち上げる。
2016年09月29日 00時00分更新
親子のふれあいや情報交換の場に活用してもらおうと、カトリックの宗教法人純心聖母会島原修道院(元聖和幼稚園)=島原市=が10月4日から「いこいのひろば聖和」を本格的に始める。親子を対象に無料で開放し、子どもの遊び場や母親の交流の場として使ってもらう。幼稚園の閉園後、昨年9月に完成した修道院内の研修室を活用して昨年10月から試験的に開放していた。
2016年09月28日 00時00分更新
岩手県で開催される第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」(10月1日〜11日)に出場する島原市選手団の壮行式が26日行われた。陸上、レスリング、ライフル射撃、剣道、ボウリングの5競技に監督・選手の計19人が出場する。
2016年09月28日 00時00分更新
第14回全九州女子相撲選手権大会(18日・熊本県)の小学6年生の部で、雲仙市立土黒小6年の内野杏美(あみ)さんが初優勝を飾った。全国大会では2連覇しているが、体重差16kgなどの強豪がひしめく無差別級の九州大会では、念願の初タイトル獲得となった。
2016年09月27日 00時00分更新
黒のハッピに前具(前カケ)をし、鉢巻きをしめ、太刀を佩(は)き、軍采(ぐんさい)を持って舞う、島原城下の郷土芸能「先踊り」の本年度最後の稽古(同保存会主催)が24日(土)早朝、島原市白土町の塩屋駐車場で行われた。
2016年09月25日 00時00分更新
第11回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会(18日・大阪府)の中学生の部で、本県が3位入賞した。森万穂さん(有明中3年)ら男女選抜選手5人が活躍し、3度目の3位入賞を飾った=写真・同校提供。各都道府県選抜による団体戦で47チームが出場した。
2016年09月25日 00時00分更新
日本で最初の1号機関車が島原鉄道でも走った歴史を地域の活性化に役立てようと、同機関車をモチーフにした観光列車の導入を目指す島鉄が24日、同機関車のイラストを配したラッピング列車の運行を始めた。1号機関車は1872年、新橋―横浜間で日本初の鉄道が開通した際に走った国内第1号の蒸気機関車。
2016年09月24日 00時00分更新
5年前の東日本大震災被災地の宮城県南三陸町へ南島原市が「心のふるさと交流事業」で派遣した市内の中学生による報告会が20日行われ、代表生徒8人が被災者の体験談に心を打たれたことなどを発表した。5年間は同町から児童らを招く事業を行ってきたが、派遣は初めて。8月23〜27日の4泊5日、8中学校の2、3年生27人が参加した。
2016年09月24日 00時00分更新
岩手県で開催される「第71回国民体育大会 希望郷いわて国体」(10月1〜11日)を前に23日、島原高校で選手団の壮行式が行われた。同校からは剣道競技少年男子に5人、レスリング競技少年男子に4人、同成年女子に1人の計10人が出場する。また、監督やコーチとして5人の職員が同行する。

2016年09月22日 00時00分更新
25年前の雲仙・普賢岳噴火の火砕流で被災した南島原市深江町大野木場の民家跡が検出され、同市教委が21日、成果を発表した。1991年9月15日の火砕流で旧大野木場小校舎とともに焼失した民家153棟の一つで、同市教委は「旧校舎など公的施設は残っているが、民家跡の検出は初めて。当時の生活跡や被災した生々しい姿をとどめている点が貴重だ」としている。発掘場所は、大野木場監視所の山手にある権現脇遺跡の一画。国有地の砂防指定地内で、平成新山溶岩ドームからは東に約4km地点にある。
2016年09月21日 00時00分更新
神奈川県の障がい者福祉施設で7月26日に発生した殺人事件を受け、雲仙市の医療法人伴帥会愛野記念病院は17日、運営する介護老人保健施設ガイアの里で不審者対応訓練を実施。スタッフら約50人が参加し、不審者を押さえつける刺股の使い方を実践的に学んだ。
2016年09月18日 00時00分更新
本県最大のアートの公募展「第61回県美術展覧会(県展)」がきょう18日、長崎市の県美術館で開幕する。島原半島からは工芸部門で島原市の尾崎奈々さんの「島原木綿着尺『島原の名水に寄せて』」がNIB長崎国際テレビ賞に選ばれるなどした。7部門に総計1523点の応募があり、入賞125点、入選665点が選ばれた。作品展示は10月2日まで。
2016年09月17日 00時00分更新
本年度生涯スポーツ功労者と生涯スポーツ優良団体の文部科学大臣表彰を受ける個人・団体が14日発表され、県内からは個人4人、4団体が選ばれた。うち、島原半島では県サッカー協会会長の小嶺忠敏さん(71)、島原市のしまばらバレーボールクラブ、南島原市の口之津ジュニア陸上競技クラブが輝く。
2016年09月16日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火時の1991年9月15日の大火砕流で旧校舎などを焼失してから25年となった15日、南島原市深江町の大野木場小は「メモリアルデー2016」を開催。児童らが災害学習の成果を発表し、災害を継承していくことを誓った。
2016年09月16日 00時00分更新
19日の「敬老の日」を前に古川隆三郎島原市長らが15日、市内の高齢者福祉施設を慰問し、入所者の長寿を祝った。
next »