FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2017年(平成29年)
1120(月曜日)
20日(月)の天気は曇のち晴、最高気温は12℃ でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2017年11月19日 00時00分更新
「土木の日」の18日、島原半島にある歴史的に価値の高い土木施設を観光資源として活用・検討するため、県がモニターツアー「島原半島土木遺産めぐり」を実施し、京都府など県内外の20〜80代の男女32人が参加。島原城の石垣などを巡って魅力を感じてもらい、見識を深めてもらった。
2017年11月19日 00時00分更新
島原市の花である「梅」に親しんでもらおうと、島原農業高校食品加工部(本多麻由部長)が株式会社山一(小嶺一春社長)=南島原市布津町=と連携して「あごだし手延べそうめん梅茶漬け」を考案した。同商品の完成報告を兼ねて17日夕、生徒や関係者ら約15人が古川隆三郎島原市長を表敬訪問した。
2017年11月19日 00時00分更新
公益社団法人島原市シルバー人材センター(吉田正富理事長、290人)は18日、島原城で「秋の社会奉仕活動」を実施。60〜80代の会員約160人が参加し、城内やお堀周辺の清掃活動に汗を流した。
2017年11月17日 00時00分更新
雲仙・普賢岳が噴火したとされる1990年11月17日からきょう17日で丸27年。噴火災害時の火砕流で甚大な被害を受けた島原市安中地区にある中木場保育園は16日、溶岩ドーム崩落を想定した避難訓練を行い、全園児と全職員ら約100人が参加し、避難経路の再確認などを行い、万が一に備えた。
2017年11月17日 00時00分更新
平成23〜25年までの工事で21ヘクタール(うち7ヘクタールが耕作放棄地)のほ場が整備された島原市宇土山地区で14日、児童らが同地区の農地を巡る「目指せ杉谷博士!宇土山農地探検隊」が行われた。島原四小の3年生24人が耕作放棄地解消事業の現地見学を通して、地域農業の現状と課題について理解を深めた。
2017年11月16日 21時49分更新
島原工業高校(辻法行校長)の2年生117人を対象にしたインターンシップ(就業体験)が15日から、島原半島3市内などで開かれた。
2017年11月16日 00時00分更新
雲仙岳レスキューネットワーク協議会が14日、雲仙市の矢岳で合同訓練を実施。関係者ら55人が参加し、山での遭難を想定して捜索や救助訓練を実践的に行い、万が一に備えた。同協議会は昨年7月に発足し、訓練は昨年に続いて2度目。
2017年11月16日 00時00分更新
レスリングの「平成29年度長崎県高等学校新人大会」(主催=県高体連、県教委、県レスリング協会)が11〜12の両日、県立大村工業高校体育館で開かれ、島原高校が島原工業を6―1で破り、12連覇を達成した。
2017年11月15日 00時00分更新
島原青年会議所と島原市社会福祉協議会は14日、「災害時相互協力協定」を締結した。自然災害等で設置される災害ボランティアセンターの運営など連携を通じて円滑な被災地支援を目指す。
2017年11月14日 00時00分更新
島原ライオンズクラブ(関本栄輔会長)の創立60周年記念式典が12日、島原市弁天町2丁目のホテル南風楼で盛大に開催。会員らはこれまで歩んできた伝統をかみしめながら、一層の奉仕活動推進を誓った。
2017年11月12日 00時00分更新
「愛の聖地」に認定されている雲仙市愛野町で11日、「ロマンスウェディング」が行われ、愛野駅で福岡市在住の岩永庸佑さん(36)=千々石町出身=・恵理香さん(25)=佐世保市出身=夫婦を市民ら約200人が祝福し、2人のための特別列車を見送った。「日本ロマンチスト協会」から認定された愛野町をPRしようと、2011年から開催されている手づくりの結婚式イベントで、岩永さん夫婦で11組目となった。
2017年11月12日 00時00分更新
経営不振に陥っている島原鉄道が(長崎市)をスポンサーとして、政府系ファンド「地域経済活性化支援機構(REVIC)」(東京)に再生支援を申し込んでいたことが11日までに分かった。債権者の十八銀行、親和銀行等による支援のもと、事業の再生を目指すとみられる。島鉄に対する再生支援の決定について同支援機構はあす13日、長崎市内で記者説明会を開く予定。
2017年11月12日 00時00分更新
島原農業高校(田坂吉史校長)で11日から、「農業祭」が開かれ、地域住民など多くの人出で賑わった。きょう12日まで。
2017年11月10日 00時00分更新
「秋季火災予防運動」が始まった9日、島原市消防団は島原城駐車場でパレード出発式を行い、消防自動車24台約120人が参加し、地域住民らに啓発した。
2017年11月10日 00時00分更新
秋の火災予防運動(9〜15日)が全国一斉に始まった9日、島原地域広域市町村圏組合(園田哲也消防長)は島原市のサンシャイン、一番街の両アーケードで防火パレードを実施。一日消防署長に任命された同市消防団女性消防隊員の内田亜紀子さん(30)と園児ら約100人が協力し、地域住民に火災予防の意識啓発を図った。
next »