FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです! フィード取得エラー
2020年(令和2年)
811(火曜日)
文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2020年01月10日 00時00分更新
島原市ふるさと納税の返礼品のうちスイーツやフルーツに特化し、「ばらんのおなご」と名乗る若手女性市職員4人が、動画でゆる〜く楽しく魅力をご紹介―。動画は「自然体でおいしさを届ける」のがコンセプトで、ふるさと納税をしたことがない若い世代がターゲット。動画共有サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで「ふるさとヌーボ」シリーズ(https://www.youtube.com/watch?v=Cbau8sLPxx8&list=PLdfbFluG1fhGOF_3CQvklpUq3D_PP3sxu)として4本を公開中。写真はワンシーン=市提供。
2020年01月03日 00時00分更新
島原市の中岡洋藏さん(88)・和子さん(87)夫婦は2019年10月、結婚65周年を迎えた。1954年に夫婦の契りを結び、ともに手を取り合い、昭和、平成、令和という三つの時代を歩んできた。2人の出会いや人生を振り返り、健康や夫婦円満の秘訣を聞いた。結婚から25年目は銀婚式、50年目が金婚式というのはよく知られているが、ブライダル関連ウェブサイトによると、65年目はブルースターサファイア婚式という。
2020年01月01日 00時00分更新
人口減少歯止めのために地方の自治体が移住・定住政策に取り組んでいる。全国的な公的政策の明確な開始時期は定かではないが、県が移住・定住政策を始めたとする2006年からことし2020年で15年。これまで14年間で島原半島3市へ移住したのは、各市把握分だけでも計244世帯396人。いち小学校の全校児童数と同じぐらいの数だ。各市が把握している人数以外にも移住者はいる。移住は、地方に魅せられたり、結婚や家族の転勤、転職、よりよい子育て環境を求めて―など動機や理由はさまざま。他県から島原市へ移り住んだ夫婦や一家に移住の決め手や住み心地などを聞いてみた。
2019年12月15日 00時00分更新
島原工高の建築技術科3年生ら計11人が木製おもちゃを手づくりし、13日、島原市の雲仙岳災害記念館に贈った。昨年春のリニューアルオープン時に贈呈していたシーソーなども修繕し、届けたのは新旧合わせて計26点。館内こどもジオパークに設置され、来館した子どもらに遊んでもらう。
2019年11月02日 00時00分更新
世界に見せたい日本のドラマを選び表彰する「東京ドラマアウォード2019」の授賞式が10月28日、東京都で行われ、島原市を舞台にしたNHK長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」が栄えあるローカル・ドラマ賞に輝いた。
2019年10月27日 00時00分更新
男子バレーボールの国内最高峰「Vリーグ」男子1部(V1)開幕戦の島原大会が26日、島原復興アリーナで始まった。きょう27日まで4チームが4試合を繰り広げる。
2019年10月22日 00時00分更新
本年度全国専門学校総合体育大会「第29回全国専門学校サッカー選手権大会」が21日、島原市で開幕した。本県では初開催で、九州では2003年の13回大会(熊本県)以来16年ぶり2度目。北海道から九州まで各地区代表18校の選手・役員など計約400人が集い、26日まで熱戦を繰り広げる。
2019年10月22日 00時00分更新
「とことん子育てにやさしいまち」を目指す島原市は21日、幼児の成長をスマートフォン等を使って見守る電子版「母子健康手帳アプリ」を導入し、NTTドコモ長崎支店と連携して来月1日から情報の配信を始める、と発表した。
2019年10月16日 00時00分更新
島原半島産の猪(しし)肉を使った「島原城しし万石定食」と「島原城しし万石メンチカツ」の販売が15日、お城売店内「城の茶屋」で始まった。地元産ジビエ(狩猟肉)を活用し、島原藩の石高(こくだか)七万石(しちまんごく)にちなんだネーミング。担当者は「地元産素材を使い、島原ならではの名前に。新たな名物として観光客や市民に親しんでもらえたら」と話す。11月30日まで期間限定。
2019年10月03日 00時00分更新
島原市地域おこし協力隊の一員で「島原鉄道と観光活性化プロジェクト」に取り組む郷土出身の上田友隊員がこのほど、島原船津駅(旧南島原駅)など、みなと地域を中心としたエリアを取材し魅力を再発見・発信するマップを作成した。題して「KokonNikiプロジェクト」。
2019年10月02日 00時00分更新
情報通信関連技術が急速に進展するなか、誰もがデジタル活用の利便性を享受できるようシニア世代にスマートフォン等の操作方法を授ける総務省のモデル事業に取り組む島原市で1日、地元住民で構成する「デジタル活用支援員」の研修会が行われた。活動スキーム検討のための調査研究として同市と鎌倉市がそれぞれ、全国で初めて取り組む。
2019年09月21日 00時00分更新
20日開幕したラグビーW杯日本大会でトンガ代表チームの公認キャンプ地、島原市では市内小・中学校の給食に19、20日、トンガ料理を提供。公認キャンプ地をPRし、トンガ代表への応援ムードを高めた。
2019年09月15日 00時00分更新
県内最大の公募美術展「第64回県美術展覧会」(県展)の入賞者が14日発表され、島原半島からは南島原市の馬場美保子さん(63)の「SOS」(デザイン部門)が最高の西望平和賞に輝いた=写真。きょう15日、県美術館(長崎市)で開幕し、29日まで。7部門に総計1444点の応募があり、今月6〜8日に審査が行われ、入賞132点と入選612点の計744点が選ばれた。
2019年09月07日 00時00分更新
「ジオアワビ」のブランドで島原漁協が売り出している島原産の陸上養殖アワビを地元の太洋食品が缶詰にして商品化。1日から販売を始めた。郷土を代表する新たな特産品として期待がかかる。
2019年09月06日 00時00分更新
石碑や仏像など石材彫刻の仕事を71歳で引退し、能楽で使う木製仮面(能面)の制作に趣味で打ち込む男性がいる。南島原市西有家町の若松義則さん(80)。2011年からつくり始め、8年で約60種類150点を仕上げた。9、10月には島原市内で初の本格的個展を開く。「能の世界や色んな表情をもつ能面のことを知ってほしい」と語る。
« previous  next »