FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2017年(平成29年)
1017(火曜日)
17日(火)の天気は曇り、最高気温は℃ でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2017年10月03日 00時00分更新
「第27回全国花のまちづくりコンクール」で島原三中が、大賞や優秀賞に次ぐ奨励賞(審査委員会賞)に選ばれた=写真・同校提供。全国から1851点の応募があった。
2017年10月03日 00時00分更新
郷土の知名度やイメージアップ、マスコットキャラクター「島原守護神しまばらん」の魅力発信を目的に島原市が制作したミニバイク用デザインナンバープレートが1日、市民に交付され、併せて希望ナンバーの抽選会も行われた。
2017年10月03日 00時00分更新
第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の女子剣道競技が1、2の両日、愛媛県松山市の愛媛県武道館で行われ、雲仙市出身の山本杏里選手(鹿屋体育大)がメンバーとして出場した成年女子が3位、島原高校の3選手(山口小波選手、大園望友選手、東陽乃選手)を主体とする少年女子が4位入賞を果たした。
2017年10月01日 00時00分更新
家庭に眠る子ども服を持ち寄って無料でシェア(共有)しようと、「服の日」と題した活動が9月29日、島原市のせいか福祉ステーションで開かれた。買い替えサイクル(周期)が早い子ども服を地域でリサイクルする取り組み。子育てママらが集う同ステーションで、ことし5月に始まり、毎月1回程度開かれている。
2017年10月01日 00時00分更新
願いごとなどを書いた幸せの黄色いハンカチを掲示できる「幸せ祈願スポット」が島原鉄道大三東駅に開設され、園児や児童らが30日、将来の夢などを描いた黄色いハンカチを一斉に飾り付けた。地域活性化と鉄道の利用促進を目的に2015年度から始めた町おこしプロジェクト「幸せの黄色い列車王国」の一環。
2017年09月30日 00時00分更新
学校図書司書など読書に関する人々が集い、情報を共有する「みんなでつながる子ども読書ネットワーク講座」が29日、島原市で開かれ、島原半島3市から図書館職員など約120人が集まり、活性化を目指して講演に耳を傾け、演習に取り組んだ。
2017年09月29日 00時00分更新
夏休みなどを利用して、島原工業高校建築科・建築技術科の生徒や教諭らが取り組んでいた武家屋敷水車の改修工事がこのほど完了し、27日夕、引き渡し式が行われた。
2017年09月28日 00時00分更新
公益社団法人島原法人会(宅島壽雄会長)主催の健康経営セミナー「働く人と企業の健康の創造」が26日、島原市新湊1丁目のHOTELシーサイド島原で開かれた。各事業所代表や職員など約30人が出席し、健康経営に対する理解を深めた。
2017年09月26日 00時00分更新
島原市上折橋町の解体処理施設「ももんじファクトリー(株式会社椿説屋・河野広介代表)」で精肉された猪肉などを使った「ジビエカレー」がこのほど完成し、25日、リストランテ・アルレッキーノ=島原市有明町湯江=で商品説明&試食会が開かれた。小売事業をメインに、全国に24店舗の飲食店などを展開する株式会社アクタス(東京都新宿区、休山昭社長)と保存食品のパイオニアであるエム・シーシー食品株式会社(兵庫県神戸市)が商品開発に携わった。
2017年09月22日 00時00分更新
耐久性に乏しく老朽化が著しかった島原市役所の新庁舎建設に伴い、同庁舎前の大手広場に設置されていた復興のシンボル〃普賢岳 平成溶岩〃が21日、雲仙岳災害記念館正面の駐車場内に移転された。
2017年09月20日 00時00分更新
雲仙市のハマユリックスホールの開館20周年記念で開催される吉本新喜劇の舞台に出演する市民を選ぶ公開オーディションが16日、同ホールで開かれ、雲仙、諫早両市内から応募した6歳から79歳の男女20人が挑み、11人が選ばれた。公演は10月7日、同ホールで行われる。
2017年09月17日 00時00分更新
島原市の雲仙岳災害記念館(愛称がまだすドーム)できょう17日から企画展「香港ジオパークの魅力展」が開催される。島原半島ユネスコ世界ジオパークと姉妹提携をしている香港ユネスコ世界ジオパークの魅力を、写真28点を通じて感じてもらう。30日まで。入場無料。
2017年09月16日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火時の1991年9月15日の大火砕流で旧校舎などを焼失してから26年となった15日、南島原市の大野木場小は同校体育館で「メモリアルデー2017」を開催。児童らが災害や防災学習の成果を発表し、災害の継承を誓った。
2017年09月15日 00時00分更新
島原市のINTERMEDIA(インターメディア)=佐々木信明代表=が手がけたあたご保育園(長崎市)が、日本建築士事務所協会連合会の本年度「建築賞」で最高の国土交通大臣賞に輝いた。全国から120点の応募があり、そのトップに初めて選ばれた。
2017年09月15日 00時00分更新
県発注工事で、昨年度に完成した優秀工事などを称える平成29年度島原振興局長表彰式が14日、島原振興局で開かれ、宅島建設株式会社など6事業者と若手技術者2人が表彰を受けた。
« previous  next »