FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2017年(平成29年)
627(火曜日)
27日(火)の天気は曇のち雨、最高気温は27℃ 最低気温は22℃でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2017年06月16日 00時00分更新
「日本一の距離を越える共同観光プロモーション事業」と銘打って地域をPRしている島原市と青森県西目屋村は14日、ウェブ上で共同観光サイトの公開を始めた。世界遺産に登録された白神山地がある同村と、ユネスコ世界ジオパークに認められた島原半島の中央に位置する島原市。地方創生を目指して1200km離れた両地域がそれぞれ持つ魅力を共同で発信している。
2017年06月15日 00時00分更新
島原高出身の林田景太選手(写真)が活躍する立教大学野球部がこのほど、「2017年度東京六大学野球春季リーグ戦」と「第66回全日本大学野球選手権大会」で優勝を飾った。南島原市出身の林田選手は有家中時代から県選抜チームのキャプテンも務めた。
2017年06月15日 00時00分更新
来春卒業を控えた高校生の地元就職を後押ししようと、県島原振興局などは14日、島原市で「島原半島地域企業説明会」を初めて開催し、地元の高校生に地場企業の魅力を知ってもらった。多業種の51社が集い、公立・私立高校8校の3年生411人が参加し、企業側の説明に耳を傾けた。
2017年06月14日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火災害の火山砂防事業で建設された島原市の水無川導流堤に延長2・7kmのウォーキング・ランニングコースが完成し、11日、オープニングイベントが現地などで行われた。
2017年06月14日 00時00分更新
今月1日から、雲仙市の小浜温泉ジャカランダ通り周辺で「第12回小浜温泉ジャカランダフェスタ」が開催されている。30日まで。18日午後2時からは小浜総合支所でメーンイベント「ジャカランダフェスタ記念講演会」も開かれる。
2017年06月13日 00時00分更新
「第60回島原市中学校体育大会」(主催=市中学校体育連盟、市教委)が10、11の両日、市内各会場で行われ、全9競技で熱戦を繰り広げた。最終日のサッカー決勝戦では、2月の県新人大会準優勝の有明中と同大会3位の一中が激突。有明中が前後半で1点ずつを決め、2―0で昨年王者の一中を破った。
2017年06月11日 00時00分更新
島原半島観光連盟は9日、島原市で、香港EGLツアーズ社長の袁文英(えん・ぶんえい)氏(65)を観光大使に委嘱した。袁氏は岡山県など日本各地で同様に観光大使を務め、情報発信力が強いこと、同半島ユネスコ世界ジオパークと姉妹ジオである香港から日本への団体旅行を多数扱っていることから選ばれた。
2017年06月10日 00時00分更新
島原市がホームページで、地元の魅力ある風景などの写真を集めた「島原よかフォトギャラリー」(http://www.city.shimabara.lg.jp/kanko/page3685.html?type=top)を公開した。地元のアマチュアカメラマン団体、全日本写真連盟島原支部が提供した写真を広く一般に見てもらい、広報活動を行うメディアに無償提供し、観光振興につなげる。
2017年06月10日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火災害で途絶えた島原市千本木地区の「島原茶」を南島原市の社会福祉法人コスモス会「正健(しょうけん)」深江営業所が有機栽培により同市礫石原町で復活させ、9日、古川隆三郎島原市長を表敬訪問。ことしの新茶生産に伴い島原スペシャルクオリティ(SQ)にも認定された同商品を持参し、振る舞った。
2017年06月10日 00時00分更新
豊かな生態系をもたらす藻場の再生活動に取り組んでいる「深江ブループロジェクト活動組織」(吉田幸一郎代表、約400人)は9日、深江船川海岸で深江小5年生25人とアマモの種子を採取した。
2017年06月09日 00時00分更新
雲仙・普賢岳噴火災害に伴い国土交通省が火山砂防事業で整備した島原市の水無川導流堤に延長2・7kmのウォーキング・ランニングコースが完成した。島原市営平成町多目的広場で11日午前9時から、オープニングイベントが開催される。
2017年06月09日 00時00分更新
秋に島原城薪能で謡や仕舞を披露するために稽古に励む「肥前島原子ども狂言」ワークショップの一環で7日、島原市で着付け教室が開かれ、舞台衣装となる着物の着方を親子で一緒に学んだ。ワークショップは2004年度に始まり、14年目。本年度は2歳児から高校2年生まで37人が受講している。
2017年06月08日 00時00分更新
島原農高と島原鉄道が7日、連携に関する協定を調印した。生徒らの若い感性やアイデアをいかし、同社のまちおこしプロジェクト「幸せの黄色い列車王国」をイメージした商品開発に取り組む。
2017年06月08日 00時00分更新
九州全域が梅雨入りする中、県島原振興局は7日、本年度の島原地域防災連絡会議を島原市で開き、島原半島管内の災害危険箇所などついて関係機関が情報を共有し、地震や土砂災害など万一に備えて連携を図った。
2017年06月07日 00時00分更新
損保ジャパン日本興亜と島原市はこのほど「女性活躍に関する包括協定」を結んだ。同市が策定した「市まち・ひと・しごと創生総合戦略」をさらに推進するため、協働で女性の活躍推進と子育て支援の充実を図る。
« previous  next »