FM島原 島原ケーブルテレビ 島原コミュニティ
SHIMABARA TIMES WEB 島原半島の最新情報をお届けするサイトです!
2018年(平成30年)
623(土曜日)
23日(土)の天気は曇り、最高気温は℃ でしょう。 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大 島原新聞

ヘッドラインニュース
2018年04月19日 00時00分更新
南島原市の海の玄関口、口ノ津港ターミナルビルの建て替え工事に向け、施工業者主催の安全祈願祭が18日、同港埋立地の現地で行われた。平成31年度中の供用開始を目指す。県と同市で進めている同港再整備事業の一環。老朽化した手狭な既存のターミナル施設の利便性向上を図り、同市口之津支所機能を集約。合わせて口之津歴史民俗資料館や売店・レストラン、観光案内所を備える複合施設とする。
2018年04月17日 00時00分更新
島原市の平成28年の合計特殊出生率が2・07人と再び上昇し、ここ5年間で最高だったことが分かった。国・県の平均を大きく上回っており、子育て支援等が充実し、生み育てやすい環境が整ってきたことが影響しているものと見られる。合計特殊出生率とは15〜49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、1人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当する。
2018年04月15日 00時00分更新
アジア初の女性飛行士、向井千秋さんと宇宙を旅した種が育った島原城の「宇宙ツツジ」が咲き誇っている。このほか、キリシマツツジなど約5千本が咲き乱れている。今月いっぱいが見ごろ。
2018年04月14日 00時00分更新
島原商工会議所は13日、「第60回新規就職者入社入店式」と「第57回式典参加優良従業員表彰式」を開催。学窓を今春巣立ち地元会員事業所に就職した若者の門出を祝うとともに、同式典に参加し3年を経過した優良従業員を称えた。ことしの対象者は新規就職者32人、優良従業員13人。
2018年04月13日 00時00分更新
空き店舗が増加する商店街を活性化し、まちの魅力アップを図ろうと、島原市は本年度から空き店舗バンクを創設する商店街活性化事業「しまばら出店応援ナビ事業」を始める。
2018年04月13日 00時00分更新
島原・天草一揆(島原の乱、1637〜38年)の一揆軍を率いた天草四郎の復活と復讐を題材にした舞台『魔界転生(まかいてんしょう)』(原作・山田風太郎)が博多座(福岡市)で上演されるのを前に、天草四郎を演じる俳優の溝端淳平さん(28)ら3人が12日、一揆の終焉の地である原城跡(南島原市)を訪れて追悼し、公演の成功を祈念した。同日は380年前に落城した日で、天草四郎の命日とされている。
2018年04月12日 00時00分更新
内閣官房シェアリングエコノミー推進室はこのほど、先進的にシェアエコを進めている島原市などモデルとなる37地域を公表した。「シェア・ニッポン100〜未来へつなぐ地域の活力〜」として、政府CIOポータルサイトで各自治体の先進事例を紹介している。【写真は観光施設等を活用して行なわれている島原市のコスプレイベント】
2018年04月10日 00時00分更新
季節外れの寒さも和らいだ9日、県内各地の公立高校で平成30年度入学式が行われた。ことしで創立119年目を迎える県立島原高等学校(渡邉孝経校長)では、新たな伝統を担う235人(普通科=200人、理数科=35人)が入学。厳粛な雰囲気の中、襟元に島高生の?証?である「楓」の校章をつけた新入生が誇らしげな表情を浮かべながら、堂々と入場した。
2018年04月10日 00時00分更新
晴天に恵まれた8日、仏教の開祖である釈迦(しゃか)の誕生を祝う「花まつり」(主催=島原市仏教会)が同市内で行われ、華やかな衣装に身を包んだ稚児たちが目抜き通りを練り歩いた。
2018年04月07日 00時00分更新
島原市出身で女子相撲を沸かせた日大相撲部女子の松尾清香(さやか)さん(22)=文理学部中国語中国文化学科=が今春卒業し、16年間の競技人生に終止符を打った。心身ともに自らを鍛え上げてくれた相撲に深く感謝する清香さん。全国学生女子選手権大会の軽量級で2連覇を達成するなど、1万6千人を超える2017年度卒業生の中から選ばれた、わずか34人の「学長賞」に輝き、花道を飾った。
2018年04月07日 00時00分更新
県内の小学校で6日、始業式が行われ、緊張と期待が入り交じった表情の児童らが元気に登校。気持ち新たに新学期をスタートさせた。
2018年04月05日 00時00分更新
「雲仙市・小浜温泉湯まつり花火大会」が1日夜、小浜温泉街で開催され、湯煙が漂う街並みを大輪の花が染め上げた=写真・多重露光撮影。前身の花火師競技大会から数えると通算31年の歴史がある。
2018年04月04日 00時00分更新
「第14回大黒杯高校男子ソフトボール研修会」が3月24〜26日、香川県で開催され、島原工が11回研修会以来3年ぶりの優勝を飾った=写真・保護者提供。西日本の32チームが出場。決勝トーナメントでは春の選抜ベスト4を破り、長崎県勢との決勝戦を制して頂点を手にした。
2018年03月31日 00時00分更新
島原、雲仙、南島原の3市と賛同団体で構成される島原半島ジオパーク協議会の本年度臨時総会が29日、島原市で開催された。2018年度は、08年12月の日本ジオパーク認定から10周年を迎えるため、秋に記念フォーラムを開催するなどの新年度事業計画を承認した。また、新たな基本計画を策定して地域社会の持続可能な発展を目指すほか、7月には同半島で九州ジオパーク連絡会も開かれる。
2018年03月31日 00時00分更新
島原市上の原3丁目の元市議、安藤幽明さん(70)宅で一本桜が満開だ。婦人会役員などを務めて地域に貢献し、昨年3月に亡くなった妻の七重さん(享年64歳)が愛した家族の記念樹で、娘の名がつけられている。
« previous  next »